マムシ

マムシは、クサリヘビ科マムシ属に属するヘビの一種です。
正式な標準和名はニホンマムシ。

気温変化には比較的強いほうで、日本では北海道から沖縄まで全ての地域に生息しています。
平野部から山間部の水場が近い場所を好み、
雑木林、落ち葉の下、山道のU字側溝、川辺の岩の隙間などでよく見かけることができます。

マムシ マムシ


< マムシの身体的特徴 >
マムシの体長は40cm〜100cmぐらい。
頭は先端が尖っていて三角形に近い形になっています(若干個体差はありますが)。
首が細い割には胴体はかなり太くて寸胴で、ヘビとしては特徴的なシルエットをしています。
そしてその胴体の太さの割りにお尻に近づくと急に体が細くなっているのも大きな特徴。

模様は銭型の楕円形の斑紋が確認できます。
これはよくメガネ模様と例えられます。
個人的にはおっぱい模様のほうがピンとくるような気がするんですが(笑)


マムシはその牙に強力な毒を持っています。
それは上あごの牙の先端部分にあって、
獲物に噛み付いたときにその毒を相手の体内に注入します。

マムシ


この毒は出血毒で、蛋白質分解酵素によって血液凝固を阻害して細胞を破壊するタイプのものです。
厳密には神経毒も含まれていますが、その量は小量なためにマムシの場合はほぼ出血毒だと思って構いません。
咬まれた部分はすぐに腫れ上がり、場合によっては紫色に変色します。
ほおっておくと意識障害、視力障害に発展して危険な状態になりかねませんので、
もし咬まれてしまった場合は必ず病院へ行きましょう。

報告されているだけで日本国内で毎年3000件程度のマムシ被害があり、
そのうち10人程度の人が命を落としています。
つまり致死率は1%以下です。
しかも命を落としたケースのほとんどは、マムシの毒を甘くみてまともな処置をしなかったことが原因。
ちゃんと適切な処置さえすれば、まず命を落とすことはありません。
なのでマムシに咬まれたからといって必要以上にパニックにならないようにしましょう。

マムシ マムシの毒牙


< マムシの主食と天敵 >
マムシの食事は動物性です。
頭部に備わった体温感知器官を使って獲物を探し、
ネズミなどの小型哺乳類、カエル、トカゲなどを食べています。
捕食方法はもちろん丸呑み。
元々胴体が太いマムシですが、丸呑みの最中はさらに体が大きく膨れ上がるため、
一昔前のツチノコ目撃情報の大半は、この状態のマムシが正体なのではないかと言われています。

逆にマムシを捕食するのは、タカ、フクロウ、キツネ、ヒキガエルなど。
しかしこれらの動物も毒蛇であるマムシの捕食にはそれほど積極的ではなく、
これといった明確な天敵は存在しません。

マムシ マムシ


< マムシの生活・繁殖サイクル >
マムシは基本的には夜行性で、夜になると積極的に獲物を探して徘徊します。
逆に昼間は藪の中や岩場の隙間などの涼しく暗い場所に身を隠しています。
水辺を好むだけあって泳ぎはうまく、積極的に水の中にも入っていく傾向があります。

マムシは夏に交尾を行い、それから約1年間の妊娠期間を経て、
だいたい5〜15匹程度の幼蛇を産みます。
あ、マムシは蛇には珍しく卵胎生なので、体内で卵を返して直接子供を総排出孔から出産します。

妊娠したメスは栄養を多く必要とするために、昼夜問わずで餌を探して徘徊するようになります。
また自らの代謝を上げて子供の発育を良くするために日向ぼっこも積極的に行います。
普段は夜行性でおとなしいマムシですが、このときばかりは人間と接触する機会が多くなってしまい、
咬傷事故などが起きやすくなっています。

またマムシは脱皮をして古い皮を脱ぎ捨てて成長します。
幼少時は年に4回程度、成熟したあとは年に1回程度のペースで脱皮します。
ただしこれは環境に大きく作用されるようで、地域や個体によってその回数は前後するようです。

マムシ脱皮 マムシ脱皮
↑マムシが脱皮したあとの皮の残骸





< マムシに咬まれないために >
キャンプ、渓流釣り、山に近い地域での農作業など、私たちがマムシに遭遇する機会は少なくありません。
防ぎようのない不意の事故というのはありますが、その確率はしっかり下げたいところです。

@マムシの住みかを理解する
マムシは明るい時間は、基本的に藪の中や岩場の影などに潜むようにじっとしています。
そういった場所に立ち入るときは 『もしかしたらマムシがいるかもしれない』 という、
『もしかしたら』の気持ちを持って行動するようにしましょう。

よく聞く事故の例は、
昆虫を追いかけたり、キノコを探したりで足元を確認しないままで木の根元に近づいた、
渓流釣りで沢を移動中に岩の隙間に不用意に手をかけた、
キャンプ場の石垣に何気なく寄りかかった、
倒木を足元の確認なく不用意にまたいだ、
などがあります。
マムシが潜んでいそうな場所では、常に『もしかしたら』の気持ちを大事に。

A咬まれないような格好をする
なるべくマムシがいる可能性がある場所にいくときには肌の露出を避けましょう。
マムシは毒牙が比較的短いため、たとえTシャツレベルの生地の厚さでもないよりはマシです。
地肌をそのまま咬まれることに比べれば、毒が注入されるリスクとその注入量は大幅に軽減されます。
ズボンも七分丈などは避けて、厚手のデニムが理想的。
農作業であれば長靴などを着用すると安全です。

Bもし家屋に侵入されるようであれば
マムシは基本的に人の気配を嫌うので、人家には滅多に入ってきません。
しかし好物のネズミを追いかけて事故的に屋内に侵入してしまうケースは考えられます。

まずはマムシの侵入路となる可能性のある隙間を埋めましょう。
そしてとにかくネズミを減らすこと。
ヘビ用の忌避剤も市販されていますが、効果はいまひとつのものが多いようです。
ヘビの侵入阻止に頑張るよりは、ヘビが侵入する理由になるネズミを減らすことに頑張るほうが効率がいいです。
薬剤やトラップなどを使って、まずはネズミの対策から施していきましょう。

マムシ マムシ


< もしマムシに咬まれてしまったら >
マムシに咬まれると、上顎の牙×2本、下顎の牙×2本で、最大4つの穴状の傷がつきます。
あくまで最大4つです。
たまたま牙が食い込まなくて、傷穴が1〜3個だけなんてこともよくあります。

咬まれた直後は針で突かれたような痛みで、
その後は毒の作用によってじんじんとした痛みが強くなってきます。
咬まれた場所より心臓側10センチの位置で、タオルやヒモを結んで圧迫しましょう。
ただし強く縛りすぎて血行を完全に止めるのはかえってマズイので、指1本入る程度に縛ること。

もし毒を吸い出す専用器具を所持しているなら、それを使って毒を少しでも吸い出してください。
よく耳にする口で直接毒を吸い出す方法は、口の中の傷から毒が侵入する可能性があるのでオススメできません。
口の中にはできかけの口内炎など、自覚のない傷がある場合が多いです。

そしてすぐに病院へ向かってください。
必ず病院へ行ってください。
レジャーの最中であろうが、周りの人に迷惑がかかろうが、それは仕方のないことです。
前述しましたが、死亡例のほとんどは病院に行かなかったパターンです。
たとえ咬まれた直後は大した症状が出ていなくても、いずれ時間とともに毒がまわり、全身に異常をきたします。
そうなってからでは手遅れになります。

また、このとき無駄に焦らないこと。
マムシに咬まれたからといってその直後に死んでしまうなんてことはありません。
パニックになって暴れたりすると毒が体内を早く回ってしまい、
かえって状況を悪化させることになりかねません。

ただし、咬まれた場所が救急車の到着に時間がかかるような場所だった場合は、
自らの足で動いて助けを求めにいくことは構いません。
安静でいるのに越したことはないのですが、
もし受診までに時間がかかり過ぎるようならそちらのほうが症状が重くなりリスクが高まってしまいます。

マムシ マムシ
↑マムシの顔のアップ(左)と、咬まれて腫れ上がった腕の比較(右)

野生のマムシの動画:



< 近年のマムシに関するニュース >
→2015年のマムシのニュース
→2014年のマムシのニュース